<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
夏の白馬Alps花三昧VOL-6
だんだんと八方ケルンに近づいていますが、まだ先の感じ。
山々は完全には姿を見せてくれませんが、綺麗に見えるたびに立ち止まり撮影します。
今回のレンズは17-70mmのズームマクロ(手ぶれ防止付き)を使用、景色も接写も一本で済ませていますが
さすがに、花だけを撮るときはPLを外して、本来の花の色を損なわないように気を付けました。

c0050853_2182443.jpg


c0050853_2183266.jpg


イワシモツケを手前に
c0050853_2183851.jpg


ニッコウキスゲ
c0050853_2184433.jpg


後ろ向きのニッコウキスゲですが、仕方ないですね
c0050853_2185033.jpg


八方ケルンを見下ろして一休み
c0050853_2185712.jpg


もうすぐ八方池と言う場所で、300mmのズームで山肌を狙って見ました
c0050853_219347.jpg


雪解け水が滝のように流れて居ます
c0050853_219853.jpg


c0050853_2191560.jpg


c0050853_2192148.jpg


上の写真の頂上部を切り取ってみたら、人影が見えます・・・・行きたいなぁ、あそこまで
c0050853_1951134.jpg


さて、明日はいよいよ八方池の写真をアップ出来そうです。
[PR]
by nick-1 | 2010-07-31 21:23 | 信州の風景
夏の白馬Alps花三昧VOL-5
高い山ですが、日差しが強ければ暑いです。
残雪を横に見ながら休む事に、水分も補給して一息つきました。

先日も書きましたが、花を撮りながら進むので、八方池はまだまだです。
ペンションのオーナーの話だと100種類ほど見れるとのこと、自分で何種類撮ったか
数えていませんが、当分は八方の景色や花の写真が続きます。

暑さで雪が解け水蒸気が上がってます。
c0050853_21241779.jpg


一瞬、その水蒸気がなくなると真っ青な空が現れます。
c0050853_21242421.jpg


雪が遅くまで残っていて解けたら花を咲かせるのがこの花、雪割草です。
c0050853_2124327.jpg


c0050853_21244169.jpg


後ろで光っているのは雪解け水です。
c0050853_2124487.jpg


エチゴキジムシロ
c0050853_21245492.jpg


チングルマ
c0050853_2125249.jpg


イワイチョウ
c0050853_2125975.jpg


タテヤマリンドウ
c0050853_2125151.jpg


イワカガミ
c0050853_21252073.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-30 21:56 | 信州の風景
夏の白馬Alps花三昧VOL-4
ほとんど白馬岳の方ばかり気にしながら登ってましたが、たまには南側をと思い撮りました。
そちら側もまだ雲が巻いていて見通しが悪かったです。
花も足元に次々と現れるのでなかなか前に進みません。

c0050853_215061.jpg


ミヤマアズマギク
c0050853_21501362.jpg


ハッポウタカネセンブリ
c0050853_21502075.jpg


ヨツバシオガマ
c0050853_21502650.jpg


ミヤマママコナ
c0050853_21503323.jpg


ワタスゲ
c0050853_21504052.jpg


ミヤマダイモンジソウ
c0050853_21504794.jpg


ウメハタザオ
c0050853_2150526.jpg


ハクサンチドリ
c0050853_21505942.jpg


ムシトリスミレ
c0050853_2151756.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-29 22:31 | 信州の風景
夏の白馬Alps花三昧VOL-3
だいぶ登って来た所、雲も少なくなって山の高い部分は見え初めて来ましたが、まだ薄く雲が掛かってます。
この時の撮影時間は8時45分。

もっと晴れて欲しい!!!
c0050853_2151380.jpg


この青空を見てください。

約一分後の8時46分には、このように綺麗な姿を見せてくれました。

これぞ、山登り?の醍醐味の様な風景!!

やっぱり、山はいいなぁとつくづく思いました。
c0050853_2151917.jpg


登ってきた方を振り返って見ると、雲海が広がっていました。こんな光景は久しぶりに見ました。
c0050853_2152841.jpg


オオコメツツジ
c0050853_2153570.jpg


エゾシオガマ
c0050853_2154033.jpg


タテヤマウツボグサ
c0050853_2154825.jpg


イワシモツケ
c0050853_2155353.jpg


ミヤマクワガタ
c0050853_2155862.jpg


キンコウカ
c0050853_216493.jpg



c0050853_2161085.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-28 21:36 | 信州の風景
夏の白馬Alps花三昧VOL-2
登りは尾根のコースを選びました。
途中まで登って行ったら、少し雲がなくなって来ましたが、まだまだ山は全容を覗かせてくれません。
晴れて山の姿が見える事を期待して・・・・

c0050853_21271594.jpg


c0050853_21272148.jpg


クルマユリ
c0050853_21272748.jpg


c0050853_21273425.jpg


ネバリノギラン
c0050853_21274128.jpg


オヤマソバ
c0050853_21274754.jpg


オオカラマツ
c0050853_21275269.jpg


ホソバノキソチドリ
c0050853_2128128.jpg


キバナカワラマツバ
c0050853_21281115.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-27 21:41 | 信州の風景
夏の白馬Alps花三昧VOL-1
白馬大橋で撮影後、朝食を食べ、いざ八方アルペンライン乗り場へ!
時計でもわかるように、8時前に到着、ほとんど込んでいません。

c0050853_2191096.jpg


最初はゴンドラリフトAdam。
窓越しに放牧された牛たちが見えました。
c0050853_2191550.jpg


次はアルペンクワッドリフトに乗り換えて行くと、足元には色んな花が見られます。
紫色したのはクガイソウ。
c0050853_2192090.jpg


濃いピンク色のシモツケソウ。
c0050853_2192521.jpg


到着場所から眺めた黒菱。
c0050853_2193011.jpg


鎌池湿原。
c0050853_2193520.jpg


朝露に濡れた、ハクサンダイゲキ。
c0050853_2194476.jpg


c0050853_2195064.jpg


グラートクワッドと乗り継いで到着した、第一ケルン。八方池山荘があります。
ここからが、いよいよ歩きで花三昧がスタートです。
この時はまだ雲や霧が多く、見通しが悪かったです。
c0050853_2195645.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-26 21:33 | 山野草
白馬大橋から望む白馬連峰
撮影日:7月18日

撮影オフ会の二日目は八方尾根自然研究路を登る予定ですが、そこへ行く前に
白馬連峰を望む場所で朝方撮影をすべく、6時過ぎにペンションを出て撮影ポイントの白馬大橋へ。
ここは、前日に決めて置いた場所。

ペンションからは全貌は見えなかったが、橋に来たらほとんど雲が無い山々が姿を見せていた。
前日に、梅雨も明けたのも幸いしてたように感じる。

夏の山を撮るには早朝がベスト、太陽が出てくると水分が蒸発して霧や雲が発生して山が見えなくなる
清流の松川の奥に見える、白馬連峰
c0050853_2253461.jpg


触れたら冷たくて気持ちが良さそうな水
c0050853_2254447.jpg


左から杓子岳、白馬鑓ヶ岳 白馬鑓ヶ岳、杓子岳が正解です
c0050853_2255061.jpg


白馬鑓ヶ岳の杓子岳の右が白馬岳
c0050853_2255548.jpg


八方アルペンラインのゴンドラリフトはもう動いてました
左奥は、五竜岳か?
c0050853_226010.jpg


橋の反対側の広場では熱気球の搭乗体験をやってましたので、近くに行く事に!
c0050853_226516.jpg


倉下の湯の付近から、山をバックに撮れる場所を発見
c0050853_2261044.jpg


何度か上下を繰り返してくれたので、二機が並んだ時を狙ってシャッターを切りました
c0050853_2261525.jpg


c0050853_21253846.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-24 22:24 | 信州の風景
姫川源流自然探勝園
次は親海湿原のすぐ隣にある、姫川源流自然探勝園に行きました。
湿原からは遊歩道を歩いて5分位です。

姫川は長野県の北安曇郡から新潟県糸魚川市を流れ、日本海に注ぐ一級河川です。
また水質調査で日本一にもなったことがある清流です。

地下から沸き出る湧水、ここが源流
汚れた水の中では生きていけないバイカモがたくさんあります
c0050853_21125094.jpg


c0050853_2112553.jpg


c0050853_2112596.jpg


バイカモの花
c0050853_2113619.jpg


近くにはオオウバユリの群生地があります、行った時はまだ咲き始めでした
c0050853_21131110.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-22 21:23 | 信州の風景
親海湿原(およみしつげん)
昼食後はここへやってきました、二年ぶりの親海湿原です。
何度か来てますが、いまだに名前を覚えておらず、「しんみしつげん」などと話したら、仲間が「およみ」と
看板に書いてあったよとの発言、地元の私がいい加減な名前を言ってしまい、恥ずかしかったです。

湿原なので木道が整備されていて散策は楽です。
降りる事は出来ないので撮影は全て木道の上からだけと言うのが少し厳しいですね。
ただし、周囲を少し回れるので、そこは一部地面を歩けます。

c0050853_2202824.jpg


クサレダマの群生が見られました
c0050853_2203650.jpg


ミソハギ
c0050853_2204165.jpg


ドクゼリ
c0050853_2204734.jpg


サワギキョウ
c0050853_2205234.jpg


コバギボウシ
c0050853_2205787.jpg


クサレダマ
c0050853_221344.jpg


コオニユリ
c0050853_221948.jpg


エゾアジサイ
c0050853_2211466.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-21 22:14 | 山野草
夏の青木湖
撮影日:7月17日

二日ばかり、泊りがけで白馬・八方方面に撮影に出かけてました。
きょうから、その撮影会の写真をアップしていきます。

4月に訪れた青木湖ですが、また訪れる機会がありました。

湖の回りの山にも積もった雪があった頃に比べれば、周囲の景色は一変してます。

ただ、白馬連峰は雲の中、次の日は晴れて山がくっきり見える事を祈りました。

c0050853_2147323.jpg


c0050853_21475425.jpg


c0050853_2148054.jpg


c0050853_2148629.jpg


c0050853_22221058.jpg


付近の川は梅雨の影響で濁ってましたが、さすが青木湖です、水は澄んでいて綺麗でした
c0050853_22222454.jpg


湖面ではカヌーや釣りなどを楽しむ人々も見受けられましたが、以前のような活気は見られません。

食事をしようとして、食べ物屋を探しましたがありませんでした。

結局は、遊びも多様化して観光客が少なくなりやっていけなくなったのでしょう。

どうしても、都合で近所で食事をしたかったのですが、見つからず隣の木崎湖まで足を伸ばすことに。

そこでも湖畔では全くそんな場所がなく、何とか近くにあった日帰り温泉で食事にありつきましたが

冷房は効いてるとは言えないほどの暑さのレストランの中、いくら信州が涼しいとは言え、梅雨明けの暑さは

たまりません。

レストラン側はエアコンを入れると電気代はかかるし、我々は食事をしたいし・・・

双方とも「背に腹に腹は替えられない」って事でした。
[PR]
by nick-1 | 2010-07-19 22:06 | 信州の風景