実りの秋
今は稲の刈入れの真っ最中、でもまだ刈り取られずに残ってる田んぼもあります

田んぼのあぜを歩くとイナゴが慌てて田んぼの稲に中に逃げるのですが
今は、家の近くの田んぼではイナゴを見る事が出来ません
農薬の多用でいなくなってしまったのです
しかし子供の頃は、たくさんいたのでよくイナゴ取りをしました
日本手ぬぐいで作った袋を片手に、素手で掴むとたまに噛まれたりするし
なんだかわかりませんが、手が汚れます
もちろん、取ったイナゴは醤油と砂糖で煮て食べるのですよ、美味しくていい蛋白源です
最近でも、イナゴは売っていますが、ここ何年か食べてないですね
もうそろそろ、産直の店などに出てるはずなので買ってみたいです


この田んぼのあぜを歩いたら、イナゴがいるので写真でも撮ってみようと思いました
c0050853_20191529.jpg


重くて垂れ下がる稲穂
c0050853_20192349.jpg


隠れたつもりですが、ちゃんと見えてますよ
c0050853_20193075.jpg


撮ろうと近づくと、体を回転しながら身を隠していくのが健気です
c0050853_2019385.jpg

バッタは写したことがありますが、イナゴは初めて写しました
[PR]
by nick-1 | 2008-09-29 20:50 | 信州の風景
<< 赤蕎麦のある風景 第四章 ユウガギク >>