白馬大橋から望む白馬連峰
撮影日:7月18日

撮影オフ会の二日目は八方尾根自然研究路を登る予定ですが、そこへ行く前に
白馬連峰を望む場所で朝方撮影をすべく、6時過ぎにペンションを出て撮影ポイントの白馬大橋へ。
ここは、前日に決めて置いた場所。

ペンションからは全貌は見えなかったが、橋に来たらほとんど雲が無い山々が姿を見せていた。
前日に、梅雨も明けたのも幸いしてたように感じる。

夏の山を撮るには早朝がベスト、太陽が出てくると水分が蒸発して霧や雲が発生して山が見えなくなる
清流の松川の奥に見える、白馬連峰
c0050853_2253461.jpg


触れたら冷たくて気持ちが良さそうな水
c0050853_2254447.jpg


左から杓子岳、白馬鑓ヶ岳 白馬鑓ヶ岳、杓子岳が正解です
c0050853_2255061.jpg


白馬鑓ヶ岳の杓子岳の右が白馬岳
c0050853_2255548.jpg


八方アルペンラインのゴンドラリフトはもう動いてました
左奥は、五竜岳か?
c0050853_226010.jpg


橋の反対側の広場では熱気球の搭乗体験をやってましたので、近くに行く事に!
c0050853_226516.jpg


倉下の湯の付近から、山をバックに撮れる場所を発見
c0050853_2261044.jpg


何度か上下を繰り返してくれたので、二機が並んだ時を狙ってシャッターを切りました
c0050853_2261525.jpg


c0050853_21253846.jpg

[PR]
by nick-1 | 2010-07-24 22:24 | 信州の風景
<< 夏の白馬Alps花三昧VOL-1 姫川源流自然探勝園 >>